クレンジングの種類って実際何が違うの!?それぞれの特長をまとめて9種類のクレンジングの違いをご紹介します☆

THREE クレンジング バランシングクレンジングオイル MUJI クレンジング マイルドジェルクレンジング COVER MARK クレンジング トリートメント クレンジング ミルク Bifesta クレンジング うる落ち水クレンジングシート deluxe クレンジング クレンジングクリームN skinvill クレンジング ホットクレンジングジェル ALBION クレンジング エクサージュ コンディショニング クレンジングミルク Bifesta クレンジング クレンジングローション  Bifesta ク

yuuna.

FAVOR公式ライター

作成: 2017.12.19

39457 views 465

オイル、ジェル、クリーム・・・クレンジングって、たくさん種類があるけどいったい何が違うのが分からない!という皆さんに、それぞれのクレンジングの特長を個人的な感想も含めご紹介します☆

スキンケアの中でもお金をかけるべきと言われているクレンジング

でも実際、クレンジングって種類が多くて選ぶのが難しいですよね。

そこで今回は、「混合肌・軽いアトピー肌」の私が基本的なクレンジングの9種類の違いを、個人的な感想も含めてご紹介します♪

※個人によって使用感は違うこともあるのでご了承を。

 

オイルクレンジング

洗浄力:☆☆☆☆☆

クレンジングの中でも比較的に洗浄力が高いのが、オイルクレンジング。

濃いメイクでもメイクなじみが良く、しっかり落としてくれるので愛用者も多いタイプです。

意外と知らない方も多いのですが、すすぐ前にオイルにお水を混ぜて乳化させてあげることが必須!

乳化することによってメイクが浮いてくるので、そのまま流している方は要注意です。

洗浄力が比較的に強めなので、しっかりメイクをされる方、オイリー肌の方などに特におすすめです。

乾燥肌や敏感肌の方には少し刺激が強すぎる場合が多いのですが、乾燥肌のことを考えられて作られているオイルクレンジングもあるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です♪

 

もっと詳しく読む

 

 

リキッドクレンジング

洗浄力:☆☆☆☆☆

リキッドクレンジングは、水分をベースにつくられたクレンジングなので、比較的サラサラしていて使いやすいのが特徴。

洗浄力も高めで、しっかりメイクでも比較的落としやすいアイテムです。

使い方はオイル同様。

リキッドクレンジングはオイルフリーのものが多いので、まつエクをつけている人でも使えるのが嬉しいですよね!

しっかりメイクを落としたいけどサラッと洗い上げたいという方、まつエクをしている方に特におすすめです♪

 

水クレンジング

洗浄力:☆☆☆

リキッドクレンジングと少し似ているような気もしますが、実は使い方が全然違うんです。

水クレンジングは、洗い流しも洗顔も不要なのが特徴的のとっても便利なアイテム!

忙しい女性の間では、愛用者が急増しているのですが、使い方はコットンにたっぷり含ませてふき取るだけ。

化粧水まで完成しちゃうものもあるので、その後はいつものケアをしてあげれば完了!

実際、私もどうしても洗面台に行くのが億劫な時に使用するのですが、メイクがしっかり落ちるので一本あると便利なクレンジングです♪

毎日使用している人も多いのですが、コットンなどでどうしても摩擦が生じてしまうので、疲れている日だけ使用するのが個人的にはオススメです。

 

もっと詳しく読む

 

 

ジェルクレンジング

洗浄力:☆☆☆

ジェルクレンジングは、他のクレンジングとは少し違った使用感が特徴的です。

オイルは洗浄力が強すぎるけど、クリームはべたつくから苦手、、という人にオススメなのがジェルクレンジング。

ただ、ジェルタイプは、種類によってもまた更に異なるんです。

オイルが入っていてしっかりメイクが落ちるものや、ナチュラルメイク向けのものまで様々あります。

最近注目のホットクレンジングは、ジェルタイプで毛穴の汚れに特化しているものが多いので、毛穴が気になる方におすすめです。

比較的肌に優しいものが多いので、サラッと優しく洗い上げたい方にオススメです♪

 

skinvillの記事はこちら

無印の記事はこちら

 

 

クレンジングバーム

洗浄力:☆☆☆☆

クレンジングバームは、一度使うと虜になっちゃうようなテクスチャーが特徴。

しっかりメイクもスルッと落ちるのに、肌の負担になりにくいんです。

お風呂場では少し手間になるのですが、最初は固形なので、指ではなくスパチュラなどで取るのがおすすめ。

手で温めるようにくるくるすると、柔らかいオイルのような質感に変わるんです!

そのとろけるような使い心地がとても心地よく、でも肌が乾燥しにくいのがいいですよね。

しっかりメイクを落としたいけど肌の潤いを残したい、という方に強くオススメしたいクレンジングです。

 

 

ミルククレンジング

洗浄力:☆☆☆

ミルククレンジングは、比較的肌に優しいものが多く、これからの季節には特におすすめしたいクレンジングアイテムです。

水分ベースなのでサラッとしているものが多いのですが、しっとり洗い上がるのが特徴。

 

 

しっかりメイクを落とすのは難しい商品が多いので、比較的にナチュラルメイクの人におすすめ。

個人的に、アイテムによって少しづつ使用感が違うので、ミルクタイプの中でも肌に合ったものを見つけるのがいいかな、と思います。

肌にできるだけ負担をかけず、なおかつ乾燥を防ぎたいという方に特におすすめです。

 

もっと詳しく読む

 

 

クレンジングクリーム

洗浄力:☆☆

クレンジングクリームは、クレンジングの中でも一番肌に負担がなく優しいといわれているアイテム。

私も肌状態がよくないときや、荒れているときは使用するアイテムです。

クリームというだけあり、しっとり洗い上がるのが特徴。肌のことのみを考えるとクリームタイプを一番おすすめしたいのですが、その分難点が多いのもデメリット。

メイクなじみがあまりよくないので、顔の上でくるくるする時間も少し長め。プラスで洗い上がりがとてもしっとりしているので、苦手な人はティッシュオフをしてあげるのがおすすめ。

私は、洗い上がりのしっとり感が好きで使用していますが、それが苦手な人は多いみたい。

 

もっと詳しく読む

 

 

クレンジングシート

洗浄力:☆☆☆

こちらも水クレンジングと同じく、忙しい女性の間では愛用者がとても多いアイテム。

洗い流し不要のクレンジングなので使い勝手は本当に良いんですよね。

ただ、アイテムにもよるのですが、やっぱり液が少なめのものが多いような気がします。

液が少ないとどうしてもシートが摩擦になってしまうので、肌には大きな負担に。。

個人的には、水クレンジングの方が液量を調節できてヒタヒタにできるので、肌負担は少ないように感じます。

できるだけ旅行時や、お泊りなど緊急時のみの使用をおすすめします!

 

 

アイメイクリムーバー

洗浄力:☆☆☆☆☆

アイメイクリムーバーは、ウォータプルーフタイプのアイメイクやティントなど、しっかりメイクされる方には必須のアイテム。

目もとの皮膚は一番薄いので、一番気にかけてあげなければいけない場所です。

 

クレンジング前に、目元だけアイメイクを落としておくと本当にクレンジング時の目元への負担が減ります!

マスカラやアイライナーを使用している方など、しっかりメイクをされる方には特におすすめしたいアイテムです♪

 

 

いかがでしたでしょうか。

クレンジングって、肌に合ったものに変えると本当に肌の調子が驚くほど変わるんです。

まだ試したことのない方は、ぜひ一度試してみてくださいね♡

 

--------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
--------------------------------------------------

FAVOR アプリ