太眉ブームがついに収束?!2016年秋からは、再び細眉の兆し!2016年版の細眉はこうするのが正解です☆

FASIO アイブロウ パーフェクトアイブロウ RIMMEL アイブロウ プロフェッショナル アイブロウ ペンシル&パウダー

作成: 2016.09.21

7707 views 54

ここ2〜3年、世界中で太眉や平行眉など自眉を生かしたナチュラルな眉メイクが流行っていました。しかし、そんな太眉ブームもついに世代交代のときが!!戻ってきた細眉志向、ココが今っぽい♡2016年版の最旬な細眉をお教えします♡

海外セレブや日本のアイドル、はたまたギャル系の女性まで。世界はすっかり太眉ブームだったここ数年。

昔抜いた眉毛を、必死に伸ばした方も多いのではなかったでしょうか?

でも、2016年の秋からはガラリと変わって世代交代。細眉がトレンドに復活するそうなんです。

1990年代のアムラーやコギャルブームの時、おしゃれ女子はみーんな細眉でした!

でもそんな細眉を2016年にマネしてはいけません(笑)

正しい2016年最新版の細眉の描き方をお教えします★

 

【使うアイテムは、リキッドアイブロウが一番おすすめ】


ファシオ パーフェクト アイブロウ N (リキッド&パウダー) BR300

太眉ブームのときにはアイブロウパウダーが大活躍しましたが、細眉作りにはリキッドアイブロウが便利!

細眉といっても、昔の細眉ブームのようにいかにも「描きました!」な細眉は2016年には絶対NG。

2016年に合う細眉にするポイントは、
・眉頭もパウダーなどで色を乗せること
・眉尻を長くしすぎないこと
・眉山の角度を緩めにすること です☆

 

【ペンシルなら、楕円形のアイブロウ、リンメル プロフェッショナル アイブロウ ペンシル&パウダー】

今は、ペンシルアイブロウとひとえに言っても、円錐型にとがっているだけじゃないんです。

リンメル プロフェッショナル アイブロウ ペンシル&パウダーは、ペン先が楕円形。

この形もまたたリキッドアイブロウと並んで、眉毛を 1本1本描き足すのに便利!

使い始めは色が出にくいので、手の甲などで何回が試し描きするといいですよ☆

 

【リンメル プロフェッショナル アイブロウ ペンシル&パウダーは太くも描ける】

まだまだナチュラルな太眉派の方もご安心あれ。

リンメルのこのアイブロウペンシルなら、ペン先が尖っていない分ぼかすのも簡単なので、アーチ眉や太眉もわざとらしくならないんです。

今回は004のお色を使いました。

 

【ペンシルは発色がいい。パウダーなのに持ちがいい。】

ペンシルの方は、成分のなかでも色素が多く配合されているそう。そしてオイルコーティングされているため、描き味がスルスルとなめらか!

時間にせまられて焦ってしまう朝のメイクでも綺麗にアイブロウが決まるし、ちょっと濃くなっちゃってもぼかしやすいので安心です☆

パウダーの方は、肌なじみの良い油分が使われているので眉毛にパウダーが密着して色持ちを良くしてくれるんですよ。

リンメル プロフェッショナル アイブロウ ペンシル&パウダーで、すっぴんから一歩格上のナチュラルメイク!

プチプラなので、ポーチに1本、仕事場の置きコスメとしてもう1本が出来ちゃうアイブロウアイテムです♡

 

-----------------------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
-----------------------------------------------------------------

FAVOR アプリ