オレンジピンクが絶妙!マキアージュ ドラマティックムードアイズのサマークーラーが超オススメ!-MAQuillAGE

資生堂マキアージュ登場から10年を記念した限定品、「ドラマティックムードアイズ」。今回はこれからの季節にピッタリな、オレンジピンクの「サマークーラー」をご紹介。オレンジが苦手、ピンクが苦手な人も使えちゃう絶妙カラーです!

もうすっかり気候は夏のよう。。

今春に発売された「ドラマティックムードアイズ」は5つのパレット全てが限定色。そのため発売一週間も経たぬうちに人気で品薄な店舗があるとか……!

それもそのはず。タッチアップすると「どうしよう、1つしか買わないつもりだったのに2色目が欲しい!」と悩んでしまうほど、とっても魅力的なアイシャドウだったのです!

私が購入したサマークーラーは、白をベースにした「目もと光ファンデ」、オレンジピンクの「彩り艶カラー」、赤みブラウンの「ナチュラルシャドー」、そして締め色のチョコレートのような「艶色ライナー」で構成されています。

オレンジピンク系のパレットには、ゴールドやピンクのベースが多いなか、こちらは艶のあるホワイト!

私はオークルの入った肌をしており、あまりゴールドや黄みが入ったベースはアイシャドウの色が栄えないのであまり使いません。しかし今回の配色はピンク系でも「挑戦してみよう!」と思えたパレットでした。

このベースはサラっとしていますが、粉っぽさがなく、ギラギラ目立つパール感はありません。だから下まぶたに使用しても長時間ヨレず、目元が明るくなるちょうどいいツヤ感を持っています。

そして「彩り艶カラー」のピンクオレンジ! この色が絶妙!

「自分にピンクシャドウは可愛すぎてあまり使わない」という方にも、「オレンジはちょっと元気な印象になりすぎるから使わない」という方にも、挑戦して欲しい、まさに「ピンクになりすぎず、オレンジになりすぎず」の絶妙なバランスを持った、私はもう「神バランス色」だと思っています。

今回BAさんはこのピンクオレンジをまぶた全体に入れるのではなく、目尻に塗ってくださいました。するとパッと目が明るくなり、一気に夏にピッタリなメイクに!

そしてブラウンのナチュラルシャドーが、肌がなじむように中和してくれ、肌からアイシャドウだけが浮く!と目立ちすぎることもありません。考えられたカラー配色はこれからの季節、大活躍の予感です。

そして時間が経っても美しいツヤ感はそのまま。

いままで「ピンク系は…」「オレンジ系は…」と苦手にしていた方も、一度お試しあれ、とオススメしたくなるほどの絶妙なカラー。

ぜひ一度実物をあなたの目で確かめて見てください!

 

-----------------------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
-----------------------------------------------------------------

コメントを書く