チークに、アイシャドウに、コントゥールに…マルチに使える!バーバリー ライトグロウ アーシーブラッシュ

Burberry Beauty チーク ライトグロウ

作成: 2016.01.10

10696 views 138

大人っぽくてカッコ良いイメージのメイクが好み、という方に。BURBERRYのヌード系のチークライトグロウ No.7アーシーブラッシュをご紹介します。

2015年に日本上陸を果たした、バーバリービューティ。中でも、以前から海外での評判を耳にして使ってみたいと思っていたのが、バーバリー ライトグロウというチークカラーの07 アーシー。これ1個で血色と陰影を簡単にプラスすることが出来ると人気のカラーです。

「色っぽさ」を全面に出した、まあるく紅潮した頬を演出するメイクが流行りですが、もう少し大人っぽくてカッコ良いイメージのメイクが好み、という方にはこういったヌード系のチークがお勧めです。

バーバリーの代名詞であるチェックのエンボスが入ったプレストパウダーは、指で触れると吸い付くような滑らかさ。固すぎず、かと言って粉飛びするほど柔らかくもない、程よいプレスト加減のパウダーは、付属のアングルブラシでシャープにのせても良いし、毛足が長めのチークブラシでふんわりのせてもOK。

トープっぽさのあるベージュは、ほんのり光沢感があってとても上品な発色。パールやシマーが入っていないのにのっぺりしないのは、微粒子パウダーを使用しているから。レイヤーを重ねるごとに深みを増すので、少しずつ根気よくのせるのがポイントです。

一番ベーシックな使い方は、チークとしてのせる方法。頬の真ん中に丸くのせるよりも、頬骨〜耳の上にかけて楕円形にのせることで、シュッとした大人っぽさを演出できます。私はブロンザー代わりに「日が自然と当たる場所」を中心にふんわりとのせ、顔に血色をプラスしています。

また口をすぼませて頬骨を浮き上がらせ、頬骨の下から上方向に少しずつぼかすことで、contour(コントゥール)として使うことも出来ます。面長さんの場合は、おでこの生え際も忘れずに!これは骨格を強調して顔に凹凸を付けることが目的です。

頬にチークをのせたあと、ブラシに残ったほんの少しのパウダーを、目頭のくぼみ〜鼻の真ん中あたりまでのせます。そして鼻筋にはハイライターをプラス。ほんの少し陰影を付けるだけで、鼻筋が通って見えるがから不思議です。…とは言っても、私の小さな鼻では説得力がないのですが。

もちろん、アイシャドウにも使えます。特にクリースを強調するのにピッタリ。ブレンディングブラシに取って、目尻側のアイホールを中心にワイパーのようにブラシを動かしながらなじませると、目元の彫りが深く見える効果も。

いつものメイクにプラスするだけで、一気に垢抜けた雰囲気になるから手放せません。またパウダーの粒子が細かく毛穴に溜まることがないので、お肌がつるんと綺麗に見えるのも◎!使う度に幸せな気持ちにしてくれるシックな容器、ふんわりと香るどこか懐かしいようなお化粧品の香り。何を取っても文句の付け所のない商品です。

ピンクのチークでは派手になりすぎるし、オレンジでは少し顔色がくすむ。かといって何も付けないと顔色が悪く見えてしまうし…とお悩みの方は、一度ヌードカラーのチークを試してみて。

 

--------------------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
--------------------------------------------------------------

 

FAVOR アプリ