乾燥くすみに届く、先端科学と植物の力処方!?HAKUの新美容液に注目 -HAKU

HAKUの新美容液「HAKU ボタニック サイエンス」をご紹介!

中村(曲尾)光世

FAVOR公式ライター

作成: 2019.08.27

2506 views 127

美白スキンケアの代表格ブランドのHAKUから2019年8月21日に発売された「HAKU ボタニック サイエンス」は、シミとして現れる前の「乾燥くすみ」に着目したユニークな新作美容液。「くすみ」という肌悩みに特化したというこちらの美容液をさっそくお試ししてみました!

夏の暑さや紫外線の影響で肌疲れが気になる晩夏に、資生堂を代表する美白ブランドHAKUから乾燥くすみに悩む女性のための新美容液が発売されました。

 

2019年8月21日新発売

HAKU(ハク) / ボタニックサイエンス<美容液>

販売名:HAKU エッセンス
30mL 7,500円(税抜 編集部調べ)

なんとなく、お肌に透明感がない、、、肌がごわついて顔色が冴えない。

そんな何となく感じている「くすみ」。資生堂の調査によると、くすみ悩みは20代〜30代女性にとって、シミ悩み以上に意識されている傾向があったそう。

しかしながら即対処したいニキビや乾燥などと違って、肌くすみの原因は血行不良や角層の重層化、乾燥など複数の原因が影響しているため、なんとなくあいまいな対処でやり過ごされてしまうことが多いのだとか。

資生堂は100年を超える肌研究と先端の美白研究から、くすみを感じられる肌にははっきりとした形のあるシミはないのに、肌内部を見るとメラニン量が多く、微細に点在するメラニンの塊が増加していることを発見。この「微細メラニンムラ」に着目し、先端科学と植物の力「厳選成分 ボタニカル カクテル(保湿)*」を肌に届け、うるおって明るく澄み渡る肌へ導く透明感対策美容液を開発しました。

*ルムプヤンエキス、ユキノシタエキス、シロバナイガコウゾリナ葉エキス、柑菜由来ベタイン、トウキ根エキス、オタネニンジン根エキス、植物由来グリセリン

 

手に馴染むストーンのようなスポイト式パッケージ

ずっしりと手に馴染む、水辺の石のようなコロンとしたフォルムにスポイト部分が付いた独創的なパッケージ。先端部分はスポイトになっていて、1回の使用料を清潔に丁寧に押し出せるように作られています。

手のひらに1円硬貨大を目安に美容液を押し出し、顔全体に丁寧になじませます。

みずみずしいテクスチャーとグリーンフローラルの香りが印象的で、本当にさらっと潤います♡嫌なベタつき感がまったくないので、朝のお化粧前にもストレスなく続けられそうです。

エイジング美容液のリッチなテクスチャーはまだ早いけれど、シミ対策やお肌の透明感が欲しいプレエイジング世代の方は一度店頭で手に取ってみる価値有りです。

 

--------------------------------------------------
【Not sponsored】HAKUさまご提供品の紹介記事です。使用感はライターの感想です。
--------------------------------------------------

コメント

Nn

HariCo♬︎

1

すっごく気になってたので記事に載って嬉しいです(*'∇'*)ワクワク

Image 364886 1543906210.793436

中村(曲尾)光世

0

わ、ありがとうございます✨✨✨お役に立てたら嬉しいです💕

FAVOR アプリ