今人気のブランドチークでつくる血色メイク〜練りチーク×パウダーチーク-MAC, THREE, ルナソル, エレガンス

今っぽいメイクは質感と色味の違うチークをミックスして作る!今年の春メイクはチークを組み合わせて自分色を見つけよう♡

色味、質感の異なる2色のチークをMixして使うと、自分好みのカラーブレンドが演出でき、ほわんとした血色感が出せて相乗効果は無限大。

キュートなピンクカラーの練りチークと、抜け感のあるフレッシュオレンジカラーのパウダーチーク
組み合わせて、単色使用よりもっと素敵になる春らしいチークメイクをご紹介します。

今回使用するチークは以下の4つです。

ナチュラル血色でふんわり可愛いピンク練りチーク

●エレガンスのスリークフェイスOR201
やさしい発色、密着力が高い、品があるローズ系ピンク

●MACのカジュアルウィークエンドゲッタウェイ
リップにもアイにも使える高発色。ポップで元気な印象。青みがある旬なカラー。

輝く艶っぽヘルシーなオレンジパウダー

●スリーのチーキーシークブラッシュ01
粉感少なめなシルキー質感。色づきは良いですが落ち着きのあるカラー。

●ルナソルのカラーリングシアーチークス05
肌に溶け込む馴染み質感。シアー発色で日焼け肌にもぴったり。

今回はON・OFFメイク2種のパターンの組み合わせとテーマで作ってみました。

①MAC ×ルナソル
ポップでエネルギッシュなカジュアルOFFメイク

②エレガンス×スリー
エレガントでナチュラルなコンサバONメイク

塗り方は
1. 練りチークを黒目下の血色ゾーンに指でぼかす。あとでぼかすため多少広がりぎみでもOK。
2. パウダーは練りチークの上から横長楕円にブラシでぼかすようにいれていく。

①カジュアルOFFメイク

MAC 単色で使ってみるとポップな雰囲気で青みがあるピンクの色味がはっきりと出ます。私は黄み肌でくすみがあるので肌の調子が悪いときは浮いてしまいます。リップに使うとそんなに合わなくないのですがチークにするともうひと手間かけたいところです。

ルナソル 単色で使うとシアー発色のため、光に当たるとわかるのですが時間がたつとチークをしていない印象にもなってしまいました。

それぞれすごく可愛い商品なのに使いこなせずにいましたが、この二つを掛け合わせるとかなりしっくりきました。

MAC ×ルナソルを掛け合わせるとMACの血色や馴染み感がアップ。さらにルナソルのオレンジ色がピンクとの対比で引き立つようになりました。MAC の重めのテクスチャがシアーで軽やかなルナソルと絶妙に合わさり、浮いてしまう感じがなくなり色の持続性もアップ。肌に明るさをもたらし、ポップでフレッシュな雰囲気に。

②コンサバON メイク

エレガンス 単色で使うと柔らかい発色で肌色に対し浮いた感じはなく、自然でやさしい雰囲気。
スリー 単色で使うと発色は良いけれど肌に馴染みおとなしい雰囲気。
それぞれ単品使用だと色の主張は強くなく自然で控えめな印象。アイやリップが主役のメイクの引き立て役としては満点。

そのエレガンス×スリーを掛け合わせると柔らかい質感はそのままにほわんとした血色感が溢れて控えめなオフィスメイクでもしっかり華やかに。色彩の強さは似ているので混ぜるようにぼかすと自然なグラデーションになり、いつものオフィスメイクでもあか抜けて見えます。

一年を通してシーズンの新色が出るとつい集めてしまうチーク。今の季節感に合わなくなったものも、自分の肌色と合わせにくい冒険カラーも、質感や色味をMixすれば今っぽいメイクとして再生することができます。みなさんもぜひお手持ちのチークを使って自分だけのチークカラーをオリジナルでブレンドしてみてはいかがですか。

 

-----------------------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
-----------------------------------------------------------------

 

コメントを書く