なりたい肌になれる下地、RMKのコントロールカラーからイエローのコントロールカラークリーミィ ポリッシュトベースN 01とピンクのコントロールカラーUV 02 PINKをご紹介!

下地を変えるだけでも仕上がりの印象って変わるものです。下地は、ファンデーションとの接着剤のような役目をしてくれますが、仕上がりの印象も左右する大切なものなんです!今回はRMKのコントロールカラーの使い方を解説します。

皆さん、コントロールカラーってお使いでしょうか?

色補正をしてくれるので、使う色によりなりたい仕上がりになるのがコントロールカラーのいいところです。

私のオススメのコントロールカラーはピンクとイエローです。

その中でも特に使いやすかった、RMKのコントロールカラーをご紹介します。

ピンクはコントロールカラーUV 02 PINK、イエローはクリーミィ ポリッシュトベースN 01です。

ピンクのコントロールカラーUV 02 は、肌に透明感を与えてくれる役割をします。

少量でも伸びがよく、くすみがちな目元に使うのにとてもいいですよ。

透明感を出したい場合は、もちろんコントロールカラーを全顔に使用出来ます。

UV効果もSPF30となっているので、日常生活の紫外線は十分にカットしてくれます。

イエローのクリーミィ ポリッシュトベースNは、赤みを打ち消してくれます。赤みにはグリーンのコントロールカラーのイメージが強いかもしれませんが、イエローだと自然に赤みを打ち消すことができるんです。

こちらはピンクのコントロールカラーUVよりしっとりとした感じをうけます。こちらも伸びがよく、つけているのを忘れるほどのなじみの良さ、軽さがあります。UVカット効果はSPF14です。

RMKのどちらのコントロールカラーの下地もなりたい肌に仕上げる効果と、下地としての効果、またUVカット効果があるので、使いやすい2品となっています。

私オリジナルの使い方をご紹介します。

肌が薄く、赤みの出やすい肌なので、全顔にイエローのクリーミィポリッシュトベースNを塗ります。

私はブラシでつけた方が綺麗につけられると感じているので、私のおすすめはファンデーションブラシでつけていただく使い方です。手で伸ばしていただく使い方でも、大丈夫です。

少し大きめのコンシーラーブラシで、ピンクのコントロールカラーUVを、まぶたと下まぶたにつけています。

下まぶたは、目頭の下が直角になるような、直角三角形を描くようにいれています。こうすることで、目元に明るさが出ます。こちらも、手で伸ばしても大丈夫です。

いかがでしたでしょうか?

コントロールカラーはなりたい肌を叶えてくれる下地です。

特に透明感のある肌が好みの方には、ピンクのコントロールカラーUV02はオススメですよ。

 

-----------------------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
-----------------------------------------------------------------

 

 

コメントを書く