独特の香りの世界へようこそ♡ 大人気ディプティックの定番香水ロンブル ダン ローの魅力に迫ります

diptyque 香水・ヘアミスト オードトワレ ロンブルダンロー

作成: 2016.01.05

15528 views 173

シックなパッケージがとても上品なディプティックの香水。なかでもロンブルダンローは、春先の空気感に似合いそうな女性らしい香りです。柔らかなローズとぴりっとしたカシスにぜひとも包まれてみて♡

フランス生まれのフレグランスブランド、ディプティック(diptyque)。日本でも百貨店やファッションビルに店舗を構えるこのブランドは、3人の美術学校生がパリのサンジェルマン通りにオープンさせたインテリア・キャンドルショップが起源。思ったより新しいブランドですが、パリのクラシックな上品さと、どこかそっけない感じがとても魅力的です。

フィギエやテュべルーズなどわかりやすい香りに於いては、良質な香料が生み出す深みのある香りが魅力。そして今日ご紹介するロンブル ダン ローのように名前からではどんな香りかわからないような香りに於いては、その意外性と「他には絶対無い独特な世界観」が大きな魅力です。

ロンブル ダン ロー(水に映った影、の意)は、1983年に発売されて以来、根強い人気の香り。はじめて嗅いだ時は、何のそれとも言い当てられない独特の香りに驚きました。フレッシュだけど、どことなく甘い。ふんわりと優しいのに、何故か鋭さも感じる。これは一体何の香りだろう?と気になって仕方がありませんでした。

その香りの正体は、ローズとカシスの葉。恐らく私の感じた甘さと柔らかさはローズが生み出していたもので、シャープで冷たくフレッシュな香りはカシスの葉の香りだったようです。個人的にはシトラス系の香りも入っているのでは?と思うのですが、公表はされていないようです。

公式には「ダマスクローズの花びらの柔らかく、そして少し酸っぱい花開いたばかりの官能的な香り溢れるバラ園の中をさまよう 夢を見ながらカシスの苦みのあるノートの漂うイギリス庭園の中を歩くような気持ちを再現しました」と表現されているこの香り。確かに、庭園を思わせるような清々しさがあります。

香りの持ちも大変良く、一度シュッとスプレーするといつまでもふんわりと香ります。不思議と、鼻が慣れてしまうこともなく、ずっと香り続けるので、恐らく周囲にも香っているのでしょうね。また、コートやニットなど洋服にスプレーしておくと、清潔感のある香りが長持ちします。

シックなパッケージもとても上品。ラベルの裏に描かれた庭園でゆったりくつろぐ白鳥のイラストも、小さい頃に読んだヨーロッパの絵本のよう。爽やかでありながら、女性らしさも底上げしてくれる大人の香りは、プレゼントにもぴったりですね。特に春先の空気感に似合いそうな香りです。

ディプティックには他にも沢山魅力的で独特の香りが揃っています。私もこの記事を書いていたらお店に行きたくなってきました!皆さんも是非ショップに立ち寄ってお気に入りの香りを見つけてみて!

 

--------------------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
--------------------------------------------------------------

FAVOR アプリ