肌質で選ぶクレンジングアイテム!もしかしたらその肌トラブルはクレンジングが合っていないのかも??

肌質にあったクレンジングアイテムをご紹介♡ - COVER MARK カバーマーク / ALBION アルビオン / delux ドルックス / Lululun ルルルン / Biesta ビフェスタ / L'OCCITAN ロクシタン / THREE スリー

作成: 2019.01.07

2472 views 228

毎日使うクレンジング、なんとなくで使っていませんか?今回ご紹介するのは、肌質に合わせたクレンジングの種類の選び方!自身の肌に合ったクレンジングの選び方で、もちもちの肌を手に入れて♡

ほぼ毎日行うクレンジング。

肌荒れを繰り返す方や、肌へのお悩みが絶えない方は、もしかしたらクレンジングが原因のひとつかもしれません。

今回ご紹介するのは、肌質に合わせたクレンジングの選び方!

肌には大きく分けると乾燥肌・脂性肌・混合肌の方がいらっしゃいますが、その3種類に分けてオススメのクレンジングアイテムをご紹介していきます♪

 

☑乾燥肌さん・混合肌さんは保湿重視のミルク&クリームクレンジングがおすすめ!

【こんな人におすすめ♡】
・乾燥肌さん
・混合肌さん
・ナチュラルメイクさん

乾燥肌や混合肌の方はとにかく保湿力を重要視した、ミルクかクリームタイプのクレンジングを選ぶのがオススメです!

ミルクタイプのクレンジングは水分を多く含み、肌への負担も穏やかで、敏感肌の方にもおすすめ。

基本洗浄力が優しいタイプなので、マスカラやアイライナーでウォータープルーフを使われている方は、目元や口元のみポイントリムーバーとの併用が◎

■カバーマーク / トリートメント クレンジング ミルク

カバーマークのミルククレンジングは美容液成分が89%も配合!

200gで3000円と少しお値段は張りますが、適量を守って使えば約2ヵ月間使えるのでコスパも〇

潤いをはじめ、洗浄力や肌への負担の少なさなど全体的にバランスの良いクレンジングミルクで高い人気を誇ります。

 

■アルビオン / エクサージュ コンディショニング クレンジングミルク

清潔感溢れる香りが私はすごくタイプで、クレンジングタイムが癒しの時間になるミルククレンジング♡

コットンで優しくメイクを肌から浮かせて落とすタイプで、オフした後はさっぱりと肌がワントーンアップして透明感あふれる素肌に。

ただ、コットンでふきとるなどのクレンジングは毎日すると肌を傷つけてしまうこともあるので、敏感肌の方などは特に気をつけてほしいポイントでもあります。

 

■ロクシタン / イモーテル プレシューズオイルインミルククレンジング

肌にのせた時はミルク状で、馴染ませていくうちにオイル状へと変化し、メイクをしっかり落としてくれるロクシタンのミルククレンジング。

今回ご紹介したミルククレンジングの中では4000円(税抜)と少しお値段が張りますが、ベースメイクならしっかりと落とすという確かな実力と癒される香りで、1度使うと離れられない方も多いのだとか。

 

■ドルックス / クレンジング クリーム N

ドルックスクレンジングクリームは、800円(税抜)というプチプラでありながら、するするとなめらかにベースメイクを落としてくれます。

少し化粧品っぽい香りが私は気になりましたが、香りが気にならない方で乾燥肌の方は、プチプラなので1度トライしてみても〇

 

☑脂性肌さんはオイル、ジェルやバームのしっかり洗浄力でさっぱりクレンジングがおすすめ!

【こんな人におすすめ♡】
・脂性肌さん
・しっかりメイクさん

脂性肌さんで肌に優しいとされているミルクやクリームクレンジングを使っても、肌の調子がいまいち安定しない方に試してもらいたいのがオイルやバームクレンジング。

メイクは油性なので、オイル類のクレンジングタイプが最も洗浄力が高くスピーディーにメイクを落とすことが出来ます。

オイリーな肌質の方は、1度オイルクレンジングでしっかりとメイクや自身の肌を洗浄してから、化粧水などでたっぷりと保湿することがとっても重要。

■ルルルン / クレンジングバーム

ルルルンから新発売されたクレンジングバームは、肌にのせるまでは固形の硬めなテクスチャーで、体温でみるみるオイル状へと変化するアイテム。

スパチュラで適量をとり塗布するのが少し面倒にも感じますが、ルルルンのバームクレンジングはメイクオフ成分が直接肌に触れない特殊な製法を採用しているので、肌への負担も配慮されていて毎日続けられるプチプライスなのも◎

 

■ビフェスタ / クレンジングオイル ポアクリア(毛穴クリア)

ビフェスタオイルクレンジングは、W洗顔不要のオイルクレンジング。

全2種類のくすみ角質クリアタイプと毛穴クリアタイプに分かれていて、自身の肌悩みに合わせてチョイスできます。

ウォータープルーフタイプのポイントメイクも一気にメイクオフできて、使い勝手抜群!

 

■クリニーク / テイク ザ デイ オフ
クレンジング バーム

クリニークのクレンジングバームは、馴染ませていくうちにオイル状へと変化して、優しく肌の上をすべりさっぱりメイクオフしてくれます。

バーム独特のべたつきが気になる方にもおすすめ◎

強力なウォータープルーフマスカラなどを完璧にオフするのは難しいですが、しっかりメイクのアイライナーなどはキレイにオフしてくれます!

 

■THREE / バランシング クレンジング オイル

スリーのオイルクレンジングは天然由来成分88%と、肌への負担を最小限に考慮した人気の高いアイテム。

オイルの清潔感ある香りと、高い洗浄力でしっかりアイメイクもオフしてくれます!

肌への負担は心配だけど、オイルクレンジングは欠かせない方におすすめ!

 

☑まとめ : クレンジングアイテムはベースメイクの濃さでチョイス!

クレンジング選びの最終的なポイントは、ベースメイクの濃さと肌質に合わせたものが◎

ポイントメイクは、別物と考えて面積の広いベースへの負担が最小限で叶うクレンジングが理想です。

例えば私は混合・敏感肌なのですが、アイメイクはウォータープルーフのペンシルアイライナーを使うことが多いので、目元だけオイルか、またはポイントリムーバーなどでオフしてから頬や額、鼻などはミルクかクリームクレンジングでメイクオフするのが肌への負担を最小限にしたクレンジング方法ということになります。

どのクレンジング方法が正解!というのはなく、ご自身の肌に合った方法がベストなのですが、もし肌トラブルが解決しない方や、最近肌の調子がイマイチな方は、ぜひ参考にしていただければと思います!

 

--------------------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
--------------------------------------------------------------

FAVOR アプリ