もう赤みに悩まない!コージー本舗「カバーファクトリー」のグリーンカラーベースで、色ムラのない透明感あふれる美肌をゲット♡

ファンデーションだけではカバーしきれない顔の赤み…。そんなときはグリーンのコントロールカラーを!コージ―本舗から新発売された『カラーコントロールベース』を他ブランドのグリーンカラーベースと比較しながらご紹介します♪

多くの人の悩みである、赤ら顔などの肌の赤み

私自身も頬や小鼻周りなどの赤みにずっと悩まされてきました。

そんな赤みを簡単に消し去ってくれるのが、グリーンのコントロールカラー!

ただベージュのファンデーションやコンシーラーで隠すのではなく、グリーンという色味で赤味を打ち消してくれるんです。

ここ最近はそんなグリーンカラーのベースアイテムが多く登場しています。

今回ご紹介するコージ―本舗「カバーファクトリー」『カラーコントロールベース』03は、部分的にではなく顔全体の色ムラを補正し、さらに赤みも抑えてくれるというアイテム。

あくまでも下地なのであまり色味はつきませんが、肌になじませるとワントーン明るくなったような印象に。

つけ心地も軽く負担はありません。

皮脂吸着パウダーも配合されているので、これからの時期だけでなく暑い夏場にもオススメ!

保湿美容液成分配合で乾燥からも肌を守ってくれます。

グリーンカラーのベースアイテムといえば、昨年YSLから限定アイテムとして発売された『ラディアント タッチ ニュートラライザー』No.2(グリーン)!

もともと人気アイテムのラディアント タッチの限定色ということもあり、話題になりました。

YSLのほうがグリーンが濃く、しっかりとつくイメージ。

全体になじませる『カラーコントロールベース』とはちがい、コンシーラーは気になる箇所にだけポイントで置いていきます。

顔全体のトーンをあげる『カラーコントロールベース』とは対照的に、ポイントでのせていくYSLは赤みのみをカバーした仕上がりに。

もう手に入らないYSLの限定アイテム『ラディアント タッチ ニュートラライザ―』ですが、赤みは『カラーコントロールベース』でも十分カバーしてくれました。

ここで、『カラーコントロールベース』と他ブランドのグリーンカラーベースを比べてみましょう。

写真ではわかりづらいので、文章を参考にしてくださいね。

 

KATE『シークレットスキンCCベース』EX-2

同じくプチプラブランドのKATEからは、8月に新色として追加されたばかりの『シークレットスキンCCベース』EX-2を。

KATEのほうがテクスチャーが少し硬めで、仕上がりも若干白っぽくなりました。

全体に塗ると白浮きしてしまうので、ちょっとずつ部分塗りが良さそう。

 

ジルスチュアート『ラスティング ティントコントロール ベース』03

オイル配合で上下に振ってから使用するタイプのジルスチュアート『ラスティング トーンアップベース』03

ジルは日焼け止めのようなサラサラとしたやわらかいテクスチャーなので、肌なじみがとても良い印象

仕上がりは『カラーコントロールベース』と似ています。

どちらも肌トーンを自然にアップさせてくれました。

 

RMK『ベーシック コントロールカラー』03

ナチュラルな仕上がりのアイテムが人気のRMKからは、『ベーシック コントロールカラー』03をご紹介。

テクスチャーは『カラーコントロールベース』と似ていますが、RMKのほうがみずみずしいイメージ。

さらにRMKのほうが少し明るめに仕上がりました。

明るいといっても変に白っぽくなったりはしないので、白浮きは気になりません

 

好みの仕上がりに合ったグリーンベース選びをしてくださいね♪

赤みをカバーするだけでなく透明感をプラスし肌トーンをアップしてくれるコージー本舗「カバーファクトリー」の『カラーコントロールベース』03、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

------------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
-------------------------------------------------------

コメントを書く