ディオールから新登場したアイブロウマスカラ『ディオールショウ ボールド ブロウ』011で、ふんわりこなれ眉をゲット♡

ふんわりこなれ眉は簡単に作れる!ディオールの秋冬コレクションから新登場したアイブロウマスカラ『ディオールショウ ボールド ブロウ』の011で、一気にあか抜けた大人顔にアップデート♡

メイクの鍵ともなる眉毛

手入れをしすぎない毛量感のあるナチュラルな眉メイクが好まれていますが、毛の色が濃かったりすると野暮ったい印象に…。

そこで今回ご紹介するのが、ディオールの2017年秋冬コレクションとして新発売された『ディオールショウ ボールド ブロウ』です。

ライト・ミディアム・ダークの3色からなる美容液配合のアイブロウマスカラで、カラーチェンジだけでなく眉毛のケアも同時に行ってくれるという優れもの♡

私がチョイスした011(ライト)は、白に近いアッシュベージュというかなり明るい色味

今までは自眉も濃いということもあり暗めの色味の眉マスカラを使用していましたが、少しあか抜けた印象になりたいということでこちらを選びました。

手にのせてみるとモカベージュのような絶妙なニュアンスのカラーなので、眉にのせると白っぽくなってしまうのではないかと不安になりますよね。

実際わたしもタッチアップまではどうなるのか不安でした。

ただパウダーアイブロウを描き足しただけの私の眉。

毛自体が太く黒いので、このままだと色味が濃いためキツい印象になってしまいます。

そのうえから011をON♪

塗るポイントは、毛流れに逆らうように眉尻から眉頭に塗り、そのあと毛流れに沿うようになじませます。

これで完成!

実際に眉毛にのせると白くならず、やわらかいニュアンスカラーに♡

塗っていないときと比べてみても、かなり印象が変わりますよね。

アイシャドウの色味が濃くなる秋冬こそ使ってほしいカラーです。

マイクロファイバーが配合されているため、眉毛が薄い人でもボリュームのある眉に仕上げてくれます。

計算された小さめブラシやわらかいムース状のテクスチャーで、ベタッとつかずふんわりとした仕上がりに。

 

単色でも十分にこなれ感を出してくれる『ディオールショウ ボールド ブロウ』011ですが、BAさんにオススメしてもらったもう一つの方法が、他のアイブロウのベースとして使用する方法なんです!

もともと使用していたシュウ ウエムラ『アイブロー マニキュア』アッシュ ブラウン

アッシュ系の使いやすいカラーではありますが、私の眉ではのせてもそこまで色味が変わらず濃いままでした。

そこで、べースとしてディオールの011をのせたあとにシュウのアイブローマニキュアを毛流れに沿ってON!

ベースで眉全体のカラーを和らげたことにより、やわらかさと立体感が出ました♡

どちらもアッシュ系のカラーということで、相性も良かったようです。

011単体のときと比べても、深みがプラスされ一気に大人っぽくなりました。

 

一本でもベースとしても使える『ディオールショウ ボールド ブロウ』の011。

秋冬に向けて、眉もオシャレにアップデートしましょう♡

 

------------------------------------------------
【Not sponsored】この記事はライターや編集部が購入したコスメの紹介です。
-------------------------------------------------

コメントを書く

Icondefault

はち

いつも眉毛綺麗ですね・:*+.\(( °ω° ))/.:+ パウダーのみでそんな綺麗な眉毛だなんて…⭐︎ ディオールとシュウウエムラ両方使い色素敵ですね(°∀°)

Sherryeah

Sherryeah

ありがとうございます✨ たまに処理に失敗して眉尻がなくなってしまうことがあるので、ペンシル必須です(笑) 単色よりも2本使いは立体感が出るので、本当にオススメです♪